北海道、道東4日間の旅。サロマ湖・知床・阿寒湖巡りの旅行。

旅行
スポンサーリンク

夏の旅行

夫婦で、8月21~24日の4日間で旅行を計画。
道民である私の希望としては、道外で海が綺麗なところを望んだ。
が、我が家で絶対的な立場のある方が

真夏に暑いところダメです。
昨年の名古屋で懲りたでしょ?

はい。
確かに、名古屋の暑さには参りました。

と、言うことで。
今回の旅行は、道東へ車で行くことになりました。
道内の、主な観光地には行ってますが、知床にはまだ行って無いことが判明。

まずは、旅行ルートと宿泊先の決定です。
ルートは、サロマ湖→網走湖→知床→阿寒湖
こんな感じを計画しました。

さて、宿泊先の選定です。
旅の楽しみの一つが、温泉・料理ですよね。
宿泊先を失敗すると、せっかくの旅行が台無しです。
慎重に検討して決定

1泊目 サロマ鶴雅リゾート
2泊目 知床第一ホテル
3泊目 ニュー阿寒ホテル

ホテルさえ予約してあれば、あとは車移動なので時間的制約が無く、ゆっくりのんびり旅行が出来ます。

1日目  サロマ鶴雅リゾート

朝8:00 元気に旭川の自宅出発。
国道140号で当麻町を抜け愛別町へ
愛別から「旭川紋別自動車道」(無料区間)に
現在の終点、遠軽瀬戸瀬ICで降り国道333→国道242へと行き、サロマ湖へ到着。
そこから、国道238号で、龍宮台展望台を目指す。

殺伐としたオホーツク海を堪能しました。
北海道の原風景を見てるようで感動です。
さぁ~、来た道を戻りホテルへ。
勿論、面白そうな所には停車しましたが。
思ったより早くホテルに着いたので、チェックインはせず「ワッカ原生花園」へ向かいました。

この場所も、自然の少ない都会から来た人は感動すると思いますよ。
後ろに見える建物は「サロマ湖ワッカネイチャーセンター」で、ここではレンタサイクルが有り、目の前に広がるサロマ湖とオホーツク海を眺めながらサイクリングロードを走ることが出来ます。

自然を楽しんだところでホテルのチェックインの時間になりました。
本日のお宿は、サロマ鶴雅リゾート

外観はちょっと変わっていましたが、中に入ると、やはり鶴雅グループです。
シックで落ち着きのある素敵なエントランスで、テーブルに座りながら冷たいおしぼりとウエルカムドリンクを頂きながら、チェックイン。
部屋も綺麗で落ち着いた感じで、とても良かったです。(レイクビュー)

でも、鶴雅グループと言えば料理ですよね。
勿論、ホテル【食事部門】NO1です。

勿論、全種類食べれるはずもなく、ほんの一部ですが。
ビュッフェスタイルですが、それとは別に写真に写ってる刺身盛り合わせも付きます。
お風呂も、ゆったりして良かったですし、朝食もとても美味しかったです。
スタッフの皆さんも親切で、とても素晴らしかったです。

2日目  知床第一ホテル    

お世話になったサロマ鶴雅リゾートに別れを告げ。
次の目的地、知床へ向かいます。
網走の途中で寄り道です

まずは、オホーツク流氷館へ。
この3階の展望テラスがあり、207mの天都山からは東に藻琴湖・濤沸湖・オホーツク海を挟んだ知床半島、西には網走湖、南には阿寒の山並み、北に能取湖という360度のパノラマを楽しめます。 (と、書いてあった。)
確かに、山の頂上なので360度グルっと見渡せ絶景でした。
また、-15℃が体験できる「流氷体感室」がありますので是非体験してみて下さい。

山をちょっと下ると、そこは網走監獄。

えっ、また行くのですか?
前にも寄りましたよね。

いやいや、ここは素通りは出来ないでしょう。

はいはい。


皆さん、立派に更生して下さいね。
と言い残し、サクッと網走監獄を後にした。

左側にオホーツク海、右側に濤沸湖を見ながら車を走らせていると、何やら大きな建物が現れた。
ちょっと寄ってみよう。
そこは、「小清水原生花園」という所で、「天覧ヶ丘展望台」も有ります。
ちょっと寄った、この場所が風景部門では【今回の旅行中で景色NO1】の場所でした。
いや~、本当に素晴らしい景色でした。

もう一枚
私の写真では、良さはわからないと思いますが。  皆さんも、行ってみて下さい。

さて、先を急ぎます。
国道244号をひたすら知床斜里のホテルへ
途中で知床八景「オシンコシンの滝」へ寄る。

おっと、先を急ぎます。
なぜ、急ぐか?
そうです、今回の旅行のメインイベントの「知床世界遺産クルーズ」です。
天気も申し分ない青空、楽しみです。

斜里に到着。
ホテルにチェックイン前に、まずはクルーズ船乗り場へ行き乗船券を買っておこう。
誰も並んでないし、買えそうだな。

あれっ!
本日、欠航いたしますと看板が。
なんだ、なんだ、どうした?

案内の人に詰め寄る私。
話を聞くと「天気はいいが、海が荒れてる」
おい、おい、俺の心も荒れてるぞ。

確かに、晴天だが風はある。
確かに、明日の天気は大荒れと天気予報では言っていた。

でも、でもですよ、旭川からこれに乗るため来たんです。

あなた、おやめなさい。
大人げないです。

分かっちゃいるけど・・・

ダメですよね、なんぼごねても。
私も大人です。
ここは潔く、引き下がります。
ウゥ~

気を取り直して、ホテルへ向かいます。
今日のホテル、知床第一ホテル

大きなホテルですねぇ。
部屋はこんな感じ

とても広くて、新しい綺麗な部屋でした。
勿論、ホテル【部屋部門】NO1です。

お風呂も広く快適、食事もとても美味しかったです。
夕食時、サプライズが。
じつは、この日は妻の誕生日!

なんと、宿泊当日が誕生日の人にバースデーケーキをプレゼントしてくれるのです。
パチ、パチ、パチ、パチ、パチ~

それも、ちゃんとパティシエが作ってくれました。 (名前も入ってます)
嬉しいサービスですよね。

ところで、
いくつになったの?

あらっ。
本気で聞いてるのかしら?

いえ。
ほんの冗談です。

危険!
ダイナマイトの導火線に火を付けるとこだった。  危なかった。

ケーキは美味しく頂きました。
ホテルの粋な計らいに感謝です。
お陰様で、記憶に残る誕生日になりました。

3日目  ニュー阿寒ホテル

クルーズには乗れませんでしたが楽しい滞在でした、スタッフの皆様ありがとうございました。
阿寒湖に向かい出発です。

天気予報によると、今日は雨です。激しい。
出発の時点では、降っていませんでしたが、途中から予報どおり雨になりました。
(天気予報も、当たりましたね。珍しく。)
阿寒湖に着くころには、結構激しくなり気温も下がり始め、寒いです。
何処へも寄らず、まっすぐ来たものでホテルに12:00に着いてしまいました。
が、ホテルに着いてもチェックインは2時からしか出来ないとの事。
ホテルの駐車場に車を置いて、昼食へ。
寒いです。道民である私の感覚としては、北海道の10月半ばぐらいに思える。
暑がりの私が、半袖シャツの上にパーカーを着、またその上に薄手のウインドブレーカーを着ても、なお寒い。
さすが、北海道ですね。
道外から来た人達はビックリでしょう。

本日のホテルは、ニュー阿寒ホテル

ようやく、2時になりチェックインを終え部屋へ。
「湖の見えるお部屋にアップグレードしてあります」と言われ、ちょっとだけ心温まる。
いや、それより一刻も早くお風呂で温まりたい。
部屋はお世辞にも新しいとは言えませんが、料金的にとてもリーズナブルなホテルなので良かったです。
(もっとお金を出せば、新しく豪華な部屋はありますので)

食事はビュッフェスタイルでしたが、面白かったのは一人ジンギスカン鍋と、一人釜飯です。
自分で鍋や釜を持って来て、自分で火を付け作るんです。
これは、外国人は喜ぶだろうなぁ。

すみません。
ジンギスカン鍋に野菜を乗せませんでした。
横にあった、釜飯も写ってなかったです。
美味しそうに見えませんね。ごめんなさい🙇
リーズナブルな料金のわりには、大満足です。

さて、このホテルの目玉商品は屋上にある、お風呂でした。
天空ガーデンスパ

※ニュー阿寒ホテルのパンフレットより引用

まるで阿寒湖と一体化するようなインフィニティスパが有り、地上30mからの眺めは素晴らしかったです。
勿論、ホテル【お風呂部門】NO1です。
もう一度行きたくなる露店風呂でした。
なお、このスパは男女混浴ですが、勿論着るものは用意されてますよ。
仲良くカップルで入ってる人達も、沢山いました。
大浴場で混浴は、なかなか無いと思うので夫婦・カップルで行って楽しんでください。

残念ながら、阿寒湖では天気に恵まれませんでしたが、素晴らしい温泉と美味しい食事を楽しめました。
スタッフの皆様、ありがとうございました。

4日目 (最終日)

朝、起きると雨は止み、霧にかすむ幻想的な阿寒湖が見えました。
美味しい朝食を食べ、時間があったのでカメラ片手に湖畔を散歩。
シーンと静まり返る湖畔を見てると・・・

さぁ~、旭川に向かって出発しましょう。
我が家に着くまでは、旅ですから。
安全運転で帰ります。
阿寒からは、国道240号で美幌町へ→国道39号で旭川へと。
途中、北見の少し先(旭川寄り)にある、温根湯温泉の「北の大地の水族館」に寄りました。
そこには、淡水魚で最大のいとう」がいっぱい。

どうです? デカいですよね。
その他にも、珍しい魚がいましたよ。

これで、予定してた観光もすべて終了です。
後は、安全に我が家まで戻ります。

帰宅

我が家に到着。
道東4日間の旅も、無事に終了しました。
  【走行距離 720km】
旅行前、道東の天気予報を見ると雨☂マークばかりで、心配しましたが思いのほか天気が良く楽しい旅行になりました。
今回の旅行で、いろいろお世話になった方々に感謝いたします。

道民でありながら、まだまだ知らない北海道がありました。
道東旅行をして良かったです。

やっぱり、北海道はデカかった!

三笠天然温泉 太古の湯スパリゾート HOTEL TAIKO・別邸 旅籠
こんにちは、shoです。 今回は温泉♨の旅です。 旅の計画 今回の旅は、1泊2日の短い旅行。 旅行と言っても、温泉がメインで観光は予定してません。 さて、温泉と言っても広い北海道、はたして何か所の温泉地があるか。 日本の温泉地の...


【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

コメント

タイトルとURLをコピーしました