旭山動物園【オオカミの森・エゾシカの森】 狼の遠吠え!怯えるエゾシカ。

旭山動物園
スポンサーリンク

オオカミの森

2008年6月に完成した「オオカミの森」

旭山動物園で飼育されてるのは、シンリンオオカミです。

放飼場には、岩山・小川・木などがありオオカミが自然に暮らせるようになってます。

オオカミは、普通4~8頭の群れ(パック)を形成する。

希に、仲間とうまくコミュニケーションがとれなかったり、群れのリーダーを決める争いに敗れ、群れから離れ単独で生活しているオオカミもいて、これが「一匹狼」の語源にもなっている。

シンリンオオカミは、カナダ・アラスカ・アメリカ北西部などの森林に生息しています。

体長は100~150cm、体重は25~45kg尾長は30~50cmで、寿命は15年。

体の毛色は、灰褐色から白っぽいのが多いが、黒褐色のもいます。

食性は、主にオジロジカやビーバー・ウサギ・魚・爬虫類などを食べる。

屋外放飼場の横には観察ホールがあり。

中に、「ヘアーズアイ」というドーム型の観察場所があります。

中に入ると、回り360°見渡せるドームがあり、すぐそばをオオカミが歩いたり走ったり、時にはドームの隣で寝たりもします。

オオカミからは、この様に見えてます。

自然界では、まず見ることは無い大きなオオカミを目の前で見てください。

牙を出したオオカミは迫力満点!
金網があるとはいえ、恐いです。

暑さには弱いので真夏の昼間は元気が無いですが、冬期開園になる頃から元気になり、冬になり雪が積もると絶好調です。

雪の中を走り回り、じゃれあいながら遊ぶ姿は楽しそうでもあり、自然界の厳しさも感じます。

夕方近くや、園内放送などに反応して、オオカミが一斉に吠え始めると「凄い!」。
オオカミ本来の姿を見ることが出来ます。

冬期開園したら、絶対に見てほしいです。
本物の「狼の遠吠え」を聞いてね。

 

エゾシカの森

「エゾシカの森」は、2009年4月に完成した施設です。


中には、いろいろな仕掛けがあります。

いろいろな角度から観察出来るように、ぐるっと一周出来ます。
中心には、柱状節理をイメージした築山(岩山)もあり、そこにエサを置きエゾシカが登って食べます。

この岩山を、エゾシカが器用に登っていくのですよ。

こういった狭い岩場でも登れるように、エゾシカの蹄は小さくできてます。

岩場を登るエゾシカは、あまり見ない光景です、凄いですよね。


エゾシカは、北海道全域に分布してます。

頭胴長は140~180cm、体重はオス90~140kgメス70~100kg、尾長は13cm。

体は、夏毛が茶色、冬毛が灰褐色である。

食性は、夏は草本や牧草で、餌が不足する冬はササや樹皮などを食べる。

エゾシカの角は、オスにだけ生え毎年春に根元から抜け落ち、また同じ場所から新しい角が伸びてきます。
(ちなみに、角の重さは約3kgもあります)

野生のエゾシカは本当に増えており、旭川近郊の森でもよく出現します。
でも、野生のエゾシカは怖いです。

旭山動物園で見るエゾシカが一番可愛いので、ぜひ見てください。




旭山動物園
〒078-8205北海道旭川市東旭川町倉沼
                     TEL(0166)36-1104

(2020年 夏期期間)
【開園日】2020年6月1日~2020年10月15日 
【開園時間】午前9時30分~午後5時15分
(最終入園は午後4時00分まで)
【開園日】2020年10月16日~2020年11月3日
【開園時間】午前9:30~4:
30
(最終入園は午後4:
00まで)

(2020年 冬期期間)
【開園日】2020年11月11日~2021年4月7日
【開園時間】午前10時30分~午後3時30分
(最終入園は3時00分まで)
・休園日:2020年4月8日~28日、11月4日~10日、12月30日~2021年1月1日

(入園料)
大人   通常料金1,000円 旭川市民時別料金700円
団体   通常料金900円 旭川市民特別料金600円
(有料25名以上)
中学生以下   無料
おもてなし券  1,000円
(1日目正午以降、2日目正午までの入園に限る)
動物園パスポート 1,400円(1年間有効)
科学館共通パスポート 2,230円(1年間有効)

(交通)
路線バス:旭川駅前バスタッチの6番乗り場から旭川電気軌道のバス(41番・47番)が約30分間隔で運行されてます。
(所要時間:40分 料金大人440円)
旭川空港から:旭川電気軌道のバスが(78番)が1日2便運行されてます。
(所要時間:35分 料金大人550円)
(動物園駐車場)

(旭山動物園パンフレットより)



コメント

タイトルとURLをコピーしました