旭山動物園 【トナカイ舎】【タンチョウ舎】【両生類・は虫類舎】 さあ、どこが面白い?

旭山動物園
スポンサーリンク

トナカイ舎

2015年にトナカイを導入してから「トナカイ・ワピチ舎」となり、2017年に「トナカイ舎」となりました。
お父さんの「デリナ」です。

トナカイは、シカ科の動物でシカの仲間の中では最も北の北極圏周辺の寒い地域に生息しています。

「トナカイ」と言う呼び名は和名で、フランス語では「カリブー」英語では「レインディア」と呼ばれています。

息子の「ノエル」です。


体長は120~220cm肩高90~150cm体重60~300kg寿命はオスが約10年メスが約15年。

食性は草食性の強い雑食で、夏の主食は草や葉ですが時にはネズミや虫などの小動物も食べ、冬は雪の下を掘り返し苔(コケ)などを食べます。

天敵としてはオオカミ・ヒグマ・クズリなどがいます。

トナカイはシカ科で唯一、オスにもメスにも角がはえます。

トナカイは走るのが早く、その速さは時速80kmというから驚きですよね。

旭山動物園のトナカイ舎には、現在4匹のトナカイがいます。

(面白情報)
トナカイの角は、成長して完成するまで角に毛が生えています。
「ノエル」の写真を見てください、びっしりと毛がありますよね。

でも、角が伸びて完成すると皮膚が剥がれて毛が無くなります。
お父さんの「デリナ」には無いです。(上記写真)

この角は完成して皮膚が剥がれ、そして抜け落ちたものです。

自由に触れますので、手にとって感触をあじわってください。
結構、重いですよ。  想像以上に。

タンチョウ舎

2011年4月に完成した「タンチョウ舎」

高さ9mの施設は、タンチョウが暮らしている湿原や湿地に近づける様に作られてます。

タンチョウは、日本(北海道東部)・ロシア・中国・韓国などに生息しています。

体長は100~150cm、翼長は65~68cm、翼開長は240~260cm、体重は4~10kg

全身の羽衣は白で、眼先から喉、首にかけては黒い。

頭頂部に羽毛は無く赤い皮膚が出ている。

食性は、雑食でドジョウ・コイなどの魚類・昆虫やエビ・カニ類などの甲殻類・カエル・鳥の雛やネズミ類、その他にもセリ・ハコベなどの葉やミズナラの果実なども食べます。

この施設では、オスの「丹星たんせい」とメスの「ノモコ」が飼育されてます。

ツルは世界に15種いるといわれ、そのうち日本で見る事のできるのは

タンチョウ・ナベヅル・マナヅル・クロヅル・カナダヅル・ソデグロヅル・アカハヅルなどです。

この中でも、白と黒のコントラストそして頭には赤い帽子、やはりタンチョウが一番美しいツルだと思います。

両生類・は虫類舎


2011年4月にリニューアルオープンした「両生類・は虫類舎」です。

北海道の両生・は虫類を展示しています。
展示動物は、アオダイショウ・シマヘビ・ニホンカナヘビ・イシガメ・ニホンアマガエル・エゾアカガエル・アズマヒキガエル・エゾサンショウウオです。

中に入ると、手前に小さい展示窓があり両生類達がいます。

奥には大きな展示スペースがあり、は虫類がいっぱい。

木の枝とヘビが一体化しています、探してみてください。

さらに、正面には「わくわくドーム」という観察場があります。


わくわくドームの中は、透明なアクリルのドームになっていて、透明な空間にヘビが。

数cmの近さでヘビと目が合います、きっと動けなくなりますよ。 カエルのように。


さらに、天井には「ヘビの渡り廊下」。

見せ方が面白いですよね。

自然界で遭遇したら、一目散に逃げちゃいますが、ここならじっくり観察できます。



旭山動物園
〒078-8205北海道旭川市東旭川町倉沼
                     TEL(0166)36-1104

2021年度

2021年度開園期間
区分期間時間帯
夏期開園2021年4月29日(木曜日・祝日)~2021年10月15日(金曜日)午前9時30分~午後5時15分(最終入園/午後4時00分)
2021年10月16日(土曜日)~2021年11月3日(水曜日・祝日)午前9時30分~午後4時30分(最終入園/午後4時00分)
夜の動物園2021年8月10日(火曜日)~2021年8月16日(月曜日)午前9時30分~午後9時00分(最終入園/午後8時00分)
冬期開園2021年11月11日(木曜日)~2022年4月7日(木曜日)午前10時30分~午後3時30分(最終入園/午後3時00分)

 

  • (補足)休園日:2021年4月8日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2022年1月1日
  • (補足)感染症の流行等によって開園期間が変更する場合があります。
  • (補足)開園期間中でも園内の安全かつ円滑な運営が不可能、又は不可能となる恐れがあるときは、予告無しに閉園させていただく場合があります。

 

2022年度

2022年度開園期間
区分期間時間帯
夏期開園2022年4月29日(金曜日・祝日)~2022年10月15日(土曜日)午前9時30分~午後5時15分(最終入園/午後4時00分)
2022年10月16日(日曜日)~2022年11月3日(木曜日・祝日)午前9時30分~午後4時30分(最終入園/午後4時00分)
夜の動物園2022年8月10日(水曜日)~2022年8月16日(火曜日)午前9時30分~午後9時00分(最終入園/午後8時00分)
冬期開園2022年11月11日(金曜日)~2023年4月9日(日曜日)午前10時30分~午後3時30分(最終入園/午後3時00分)
  • (補足)休園日:2022年4月8日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2023年1月1日
  • (補足)感染症の流行等によって開園期間が変更する場合があります。
  • (補足)開園期間中でも園内の安全かつ円滑な運営が不可能、又は不可能となる恐れがあるときは、予告無しに閉園させていただく場合があります。

入園料について

入園料
区分通常料金市民特別料金
大人(高校生以上)1,000円700円
団体900円600円
小人(中学生以下)無料
おもてなし券 

(1泊2日券)

1,000円
動物園パスポート1,400円
科学館共通パスポート2,230円

(注意事項)

 

  • 団体料金は、有料入園者(パスポート利用者含む)が25名以上の場合に適用します。
  • おもてなし券(1泊2日券)の使用は、旭川市内の宿泊施設の宿泊利用者に限ります。入園初日の正午以降の入園、及び翌日の正午までの入園が可能です。
  • 団体料金及び旭川市民特別料金の適用は、動物園券売所窓口で入園券を購入する場合に限ります。
  • 旭川市民特別料金の適用を希望する場合は、入園券購入の際に運転免許証や健康保険証、公的機関が発行した身分証明書など、旭川市在住者であることがわかる証書等の提示が必要です。
  • 旭川市内の高等学校及び高等専門学校(3年生までの者に限る)に在学している生徒は、学生証を提示することで旭川市民特別料金が適用されます。
  • 動物園パスポートの有効期間は、最初に利用した日から1年間です。
  • 科学館共通パスポートの有効期間は、動物園または科学館を最初に利用した日から1年間です。

 

公共交通機関でご来園の場合

旭川市内から

旭川駅から旭山動物園まで

路線バス

旭川駅前バスタッチの6番のりばから、旭川電気軌道のバス(旭山動物園線41・47番線)が約30分間隔で運行されています。
所要時間:約40分 料金:大人450円

旭川空港から旭山動物園まで

路線バス

旭川空港から旭川電気軌道のバス(旭川空港旭山動物園線78番線)が1日2便運行されています。
所要時間:約35分 料金:大人560円

(動物園駐車場)

(旭山動物園HP・パンフレットより)

コメント

タイトルとURLをコピーしました