【旭山動物園】ペンギン館を実地レポート! 泳ぐのが一番早いペンギンは?

旭山動物園
スポンサーリンク

現在ペンギンは、世界に6属18種類います。
主に南半球に生息している海鳥で、飛ぶことは出来ません。

現生の最小種はコビトペンギンで約40cm
最大種はコウテイペンギンで約100~130cm

絶滅してしまいましたが、かつてはコウテイペンギンより大きいジャイアントペンギン・ノルデンショルトジャイアントペンギンという種類のペンギンもいました。

皆さん、ペンギンの語源を知ってますか?

ラテン語のpinguis(ペングウィス)
スペイン語のpenguigo(ペンウィーゴ)
が、語源だといわれてます。
どちらも意味は、「肥満」「太っちょ」です。
寒さにも耐えられるように皮下脂肪におおわれているため、体系がコロッとしているので、このような名前がついたのでしょうか。食性は、肉食で魚類・甲殻類・頭足類などを捕食して食べます。
天敵は、シャチ・アザラシ・サメなどです。

旭山動物園ペンギン館

ペンギン館正面の屋外放飼場です。
4種類のペンギンを、外からじっくり観察できます。

屋外放飼場の右下にペンギン館の入口があります。
入口から中に入ると、すぐに360°見渡せる水中トンネルです。
ペンギン達が空を飛んでるように滑空していき、そのスピードと優雅さに息をのみこみます。

旭山動物園のペンギン館には、現在キングペンギン・ジェンツーペンギン・フンボルトペンギン・イワトビペンギンの4種類がいます。
旭山動物園にいるペンギンを紹介します。
【キングペンギン】

キングペンギンは、別名オウサマペンギンともいいます。
コウテイペンギンに次いで2番目に大きいペンギンで、体長は約85~95cmで体重14~16kg、寿命は約20年。
生息域は、インド洋・南西太平洋の島々です。
くちばしが大きく長いのが特徴で、頭が黒、首がオレンジ、くちばしが赤、胸が白と、体の色がカラフルでかっこいいですよね。
体も大きく、威厳のある風格が漂ってます。

【ジェンツーペンギン】
ジェンツーペンギンは、体長約75~90cmでペンギン界NO3の大きさの中型ペンギンで、体重5.0~8.5kgで寿命約20年です。
生息域は、南極大陸の周辺の島々です。
頭の上にある両目をつなぐ白い帯模様が特徴で、泳ぐ速さは36km/hほどでペンギン界ではNO1の速さです。

【フンボルトペンギン】

フンボルトペンギンは、体長65~70cm、体重約3.5~5.0kgの中型のペンギンで寿命は約20年です。
生息域は、チリ北部および中部です。
頭部から上面は黒く眼から首にかけて半円状の白い斑紋が入る。
胸は白く、黒い斑点があるのが特徴です。
フンボルトペンギンは暑さにもある程度強く、そのため日本で最も多く飼育されています。

【イワトビペンギン】

イワトビペンギンは、体長45~55cm、体重約2.5~3.5kgのやや小型のペンギンで寿命は約20年です。
生息域は、フォークランド諸島・チリ南部・アルゼンチン南部の島々です。
頭部の黄色い飾り羽か特徴です。
目とくちばしが赤く足はピンク色をしていて、よちよちと歩かず両足を揃えて飛び跳ねながら前に進みます。

館内には水中トンネルの他にも、屋内放飼場と展示物なども沢山有ります。
ガラス張りの中は、夏は10°冬は5°に調整してありペンギン達に快適な環境となってます。

屋内放飼場の向かいには、ペンギンを真横から見れる水槽も有ります。
こちら側から、水中トンネルの入口も見えますね。
屋外放飼場から水中トンネルまで、全てつながってる大きな水槽なのがわかります。
キングペンギンの泳ぐ姿もカッコいいです。
キングペンギンが泳ぐ時に目が白く見えるのは、目の表面に半透明の膜を出して目を守っているからです。

旭山動物園恒例の「もぐもぐタイム」はペンギン館でも1日1回行います、もぐもぐタイムの時間は日により変わりますので旭山動物園のホームページで確認して下さい。
1日いても飽きない、楽しい旭山動物園へ是非遊びに行って下さい。

【追加】2020.1.11恒例の「ペンギンの散歩」を見て来ました。
よければ、動画もご覧ください。
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有



旭山動物園
〒078-8205北海道旭川市東旭川町倉沼
                     TEL(0166)36-1104

2021年度

2021年度開園期間
区分期間時間帯
夏期開園2021年4月29日(木曜日・祝日)~2021年10月15日(金曜日)午前9時30分~午後5時15分(最終入園/午後4時00分)
2021年10月16日(土曜日)~2021年11月3日(水曜日・祝日)午前9時30分~午後4時30分(最終入園/午後4時00分)
夜の動物園2021年8月10日(火曜日)~2021年8月16日(月曜日)午前9時30分~午後9時00分(最終入園/午後8時00分)
冬期開園2021年11月11日(木曜日)~2022年4月7日(木曜日)午前10時30分~午後3時30分(最終入園/午後3時00分)

 

  • (補足)休園日:2021年4月8日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2022年1月1日
  • (補足)感染症の流行等によって開園期間が変更する場合があります。
  • (補足)開園期間中でも園内の安全かつ円滑な運営が不可能、又は不可能となる恐れがあるときは、予告無しに閉園させていただく場合があります。

 

2022年度

2022年度開園期間
区分期間時間帯
夏期開園2022年4月29日(金曜日・祝日)~2022年10月15日(土曜日)午前9時30分~午後5時15分(最終入園/午後4時00分)
2022年10月16日(日曜日)~2022年11月3日(木曜日・祝日)午前9時30分~午後4時30分(最終入園/午後4時00分)
夜の動物園2022年8月10日(水曜日)~2022年8月16日(火曜日)午前9時30分~午後9時00分(最終入園/午後8時00分)
冬期開園2022年11月11日(金曜日)~2023年4月9日(日曜日)午前10時30分~午後3時30分(最終入園/午後3時00分)
  • (補足)休園日:2022年4月8日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2023年1月1日
  • (補足)感染症の流行等によって開園期間が変更する場合があります。
  • (補足)開園期間中でも園内の安全かつ円滑な運営が不可能、又は不可能となる恐れがあるときは、予告無しに閉園させていただく場合があります。

入園料について

入園料
区分通常料金市民特別料金
大人(高校生以上)1,000円700円
団体900円600円
小人(中学生以下)無料
おもてなし券 

(1泊2日券)

1,000円
動物園パスポート1,400円
科学館共通パスポート2,230円

(注意事項)

 

  • 団体料金は、有料入園者(パスポート利用者含む)が25名以上の場合に適用します。
  • おもてなし券(1泊2日券)の使用は、旭川市内の宿泊施設の宿泊利用者に限ります。入園初日の正午以降の入園、及び翌日の正午までの入園が可能です。
  • 団体料金及び旭川市民特別料金の適用は、動物園券売所窓口で入園券を購入する場合に限ります。
  • 旭川市民特別料金の適用を希望する場合は、入園券購入の際に運転免許証や健康保険証、公的機関が発行した身分証明書など、旭川市在住者であることがわかる証書等の提示が必要です。
  • 旭川市内の高等学校及び高等専門学校(3年生までの者に限る)に在学している生徒は、学生証を提示することで旭川市民特別料金が適用されます。
  • 動物園パスポートの有効期間は、最初に利用した日から1年間です。
  • 科学館共通パスポートの有効期間は、動物園または科学館を最初に利用した日から1年間です。

 

公共交通機関でご来園の場合

旭川市内から

旭川駅から旭山動物園まで

路線バス

旭川駅前バスタッチの6番のりばから、旭川電気軌道のバス(旭山動物園線41・47番線)が約30分間隔で運行されています。
所要時間:約40分 料金:大人450円

旭川空港から旭山動物園まで

路線バス

旭川空港から旭川電気軌道のバス(旭川空港旭山動物園線78番線)が1日2便運行されています。
所要時間:約35分 料金:大人560円

(動物園駐車場)

(旭山動物園HP・パンフレットより)

コメント

タイトルとURLをコピーしました