旭山動物園【シマフクロウ舎・シロフクロウ舎】ビックリ仰天! 顔が180°回転したぞ。

旭山動物園
スポンサーリンク

シマフクロウ舎・シロフクロウ舎

シマフクロウ舎


2010年4月に完成した「シマフクロウ舎」です。
2012年までは、この施設でオジロワシを展示してましたが、旭山動物園にシマフクロウが来たので展示を始めました。
(オジロワシは「北海道産動物舎」へ)


シマフクロウは、日本(北海道央~道東)・ロシア・中国北東部に生息しています。

体長は65~75cm、体重は3.5~4.5kg、翼開長175~190cmと世界最大級の大きさです。
全身の羽衣は灰褐色で黒褐色の縦縞と細い横縞が入る。

食性は動物食で、魚類・カエル・ザリガニ・ネズミ・鳥などを食べます。

日本の国指定の天然記念物で、自然界では生息数約140羽ほどまで減少しています。


施設内には、高さ7mの擬木があり、擬木の上の方には穴が開いていて、ここでシマフクロウが巣を作り繁殖出来るようになっている。

その他にも、倒木や小川・池などを設置してシマフクロウの生息環境に近づけています。

屋外放飼場の横には、観察ホールがあり池を横から見えるようにして、シマフクロウが池のニジマスを捕まえて食べる様子が見れます。

あまり、目立たないシマフクロウですが一度じっくり見ると面白いですよ。

シロフクロウ舎

2011年、「シロフクロウ舎」になりました。
元々は「タンチョウ舎」でしたが、2011年にタンチョウ舎が移転したためシロフクロウ舎になりました。

施設内は、自然の樹木や草などを利用した放飼場で、シロフクロウが住みやすい環境にしています。

ハリーポッターに出てくるような、真白なシマフクロウ。
冬、雪が積もるとシロフクロウを探すのが大変です。 雪に隠れる忍者。

シロフクロウは、北極圏の寒い地域に生息しており、日本では北海道でみられる。

体長は50~65cm、体重は1.3~2.0kg、翼開長は140~165cm。

羽毛は、成熟したオスは白色だが、メスと若鳥は黒や褐色の細かい模様がある。
(上の写真がオスで、下の写真がメスです)

綺麗なまだら模様のメスです。

飼育員さん手書きのカンバン。

じっくり見てると、首から上が180°クルッと回り、アララ!
じっと動かないように感じますが、意外と表情を変えるので楽しいです。




旭山動物園
〒078-8205北海道旭川市東旭川町倉沼
                     TEL(0166)36-1104

(2020年 夏期期間)
【開園日】2020年6月1日~2020年10月15日 
【開園時間】午前9時30分~午後5時15分
(最終入園は午後4時00分まで)
【開園日】2020年10月16日~2020年11月3日
【開園時間】午前9:30~4:
30
(最終入園は午後4:
00まで)

(2020年 冬期期間)
【開園日】2020年11月11日~2021年4月7日
【開園時間】午前10時30分~午後3時30分
(最終入園は3時00分まで)
・休園日:2020年4月8日~28日、11月4日~10日、12月30日~2021年1月1日

(入園料)
大人   通常料金1,000円 旭川市民時別料金700円
団体   通常料金900円 旭川市民特別料金600円
(有料25名以上)
中学生以下   無料
おもてなし券  1,000円
(1日目正午以降、2日目正午までの入園に限る)
動物園パスポート 1,400円(1年間有効)
科学館共通パスポート 2,230円(1年間有効)

(交通)
路線バス:旭川駅前バスタッチの6番乗り場から旭川電気軌道のバス(41番・47番)が約30分間隔で運行されてます。
(所要時間:40分 料金大人440円)
旭川空港から:旭川電気軌道のバスが(78番)が1日2便運行されてます。
(所要時間:35分 料金大人550円)
(動物園駐車場)

(旭山動物園パンフレットより)




コメント

タイトルとURLをコピーしました