旭山動物園【北海道産動物舎】北海道固有の動物達はここにいる!

旭山動物園
スポンサーリンク

北海道産動物舎は、2012年11月に完成しました。

自然の樹木を使い、それらを大きなバードゲージで囲って鳥たちがゲージの中を自由に飛び回れるようにしています。

北海道産動物舎の展示している動物は

オオワシ・オジロワシ・クマタカ・ワシミミズク・アオバズク・エゾフクロウ・オオコノハズク・コノハズク・オシドリ・スズメ・ニュウナイスズメ・カワラバト・キジバト・コウライキジ・アカゲラ・ハジボソガラス・ハシブトガラス・エゾリス・エゾユキウサギ・アライグマ・エゾタヌキ・キタキツネ
高くて広いので、どこからどこまでが網で囲われているのか一目ではわかりません。
特に、通路左側の大きな木々の場所はオオワシ・オジロワシ・クマタカなど大きな鳥たちが居るので、飛び回れるようにとても広いです。
この通路金網の外が、大きな鳥の放飼場です。
一番外側の金網は肉眼では見えません。
あんなに遠くに鳥が。ズームしてみると。

猛禽類はカッコいいですね。

反対の通路右側には、小さく仕切られた部屋がたくさん並んでます。
部屋ごとにいろいろな動物達がいますね。
最初は「北海道はフクロウ王国」です。
日本に生息するフクロウは12種類で、そのうちの沖縄諸島に生息の1種以外、11種類は北海道に生息してます。
ここ北海道産動物舎では5種類のフクロウを部屋ごとに観察出来ます。
(なお、「シロフクロウ舎」と「シマフクロウ舎」はここではなく別な場所にあります。)
最初のゲージには、ワシミミズクが居ます、日本最大級のフクロウで翼を広げると190cm近くになります。

他にも珍しいフクロウの部屋が続き、コノハズクと言う最小種のフクロウも居ます。
コノハズクは本当に小さくて、握りこぶし位しかありませんからよく探してください。


その他のゲージにはエゾユキウサギ

エゾタヌキ(タヌキらしい、凛々しい顔つきです)
いろいろな北海道固有の動物が見れて楽しいです。
キタキツネに関しては、エキノコックスの寄生虫の心配があるために部屋の前面は,
木材とアクリル窓で囲われていますが、真ん中のアクリル板小窓からキタキツネが見えます。

横からは、金網越しにも見れます。
見せ方も工夫されていて面白いですね。
キタキツネは、道外の人達には珍しいですが旭川の近郊でも野生のキタキツネを見かけます。
出口から振り返ると、大きなワシタカの見れるゲージが入口からここまで続いてました。
北海道固有の動物達を見れ楽しかったですし、大きい鳥たちを飼育するのは大変だと感じた北海道産動物舎でした。


旭山動物園
〒078-8205北海道旭川市東旭川町倉沼
                     TEL(0166)36-1104

(2020年 夏期期間)
【開園日】2020年6月1日~2020年10月15日 
【開園時間】午前9時30分~午後5時15分
(最終入園は午後4時00分まで)
【開園日】2020年10月16日~2020年11月3日
【開園時間】午前9:30~4:
30
(最終入園は午後4:
00まで)

(2020年 冬期期間)
【開園日】2020年11月11日~2021年4月7日
【開園時間】午前10時30分~午後3時30分
(最終入園は3時00分まで)
・休園日:2020年4月8日~28日、11月4日~10日、12月30日~2021年1月1日

(入園料)
大人   通常料金1,000円 旭川市民時別料金700円
団体   通常料金900円 旭川市民特別料金600円
(有料25名以上)
中学生以下   無料
おもてなし券  1,000円
(1日目正午以降、2日目正午までの入園に限る)
動物園パスポート 1,400円(1年間有効)
科学館共通パスポート 2,230円(1年間有効)

(交通)
路線バス:旭川駅前バスタッチの6番乗り場から旭川電気軌道のバス(41番・47番)が約30分間隔で運行されてます。
(所要時間:40分 料金大人440円)
旭川空港から:旭川電気軌道のバスが(78番)が1日2便運行されてます。
(所要時間:35分 料金大人550円)
(動物園駐車場)

(旭山動物園パンフレットより)




コメント

タイトルとURLをコピーしました