旭山動物園【もうじゅう館】ユキヒョウの赤ちゃん登場! アムールヒョウ絶滅?

旭山動物園
スポンサーリンク

旭山動物園【もうじゅう館】は1998年9月に完成しました。


【もうじゅう館】には、
ライオン・アムールトラ・エゾヒグマ・ユキヒョウ・アムールヒョウが飼育されてます。

(旭山動物園内カンバンより)

もうじゅう館は、ぐるっと一周すると必ず二階部分を通るコースになっています。
図にもありますが、階段部分は横にスロープ(ちょっと急ですが)も有りますから車イスでも見る事ができます。


正面に入ると、左側にエゾヒグマの放飼場、右側の窓からはアムールトラのプールが見えます。

エゾヒグマは、この窓からも見えますが、屋根の下に入らず左に行くと鉄格子越しに見る事ができます。


エゾヒグマのトンコ(♀)です。
広い放飼場で大きなプールもあり、暑い日にはプールに浮かぶ丸太で遊んだりもします。

 

アムールトラを見るなら、建物正面の右に行くと見れます。
近くで見れるので、アムールトラのデカさに驚き、模様の綺麗さにもビックリしました。
仲良く遊んでいるのか、喧嘩してるのか? 迫力あり過ぎてわかりません。

注意事項のカンバンには「トラがお尻を向けたら注意!」と、あります。
オシッコをかけられないように注意です。

隣の放飼場には「百獣の王ライオン
さすがに百獣の王だけあって、風格と気品があります。

ライオンの生い立ち
(旭山動物園カンバンより)

ライオンを見たら階段を上がり二階部分に行きます。
横のスロープは少し急ですが頑張れば車イス大丈夫です。

二階に行くと、ライオンやヒョウ達を上から観察出来る場所になってます。

ヒョウたちは、もともと高い場所が好きなので二階部分に居る事が多いです。
手の届くような所に、目つきの鋭いヒョウがウロウロしてるのは、金網が有っても冷や汗ものです。

アムールヒョウは、大型のヒョウで大人のオスでは70kgにもなります。
生息地は中国・ロシアのアムール川流域で、旭川よりも寒い地域の動物です。
アムールヒョウは非常に少なく、野生の生息数は約20頭前後と言われており、絶滅寸前なのです

その隣にも、恐そうな顔をして見つめるユキヒョウがいます。
アムールヒョウに比べて、全体的に白く、模様もハッキリしてませんが、ちょっと離れた所から見ると綺麗でエレガントです。

でも、目は笑ってませんから、恐いです。
ユキヒョウの赤ちゃんが可愛いです。(まだ、名前は付いてません)

ユキヒョウの脇の階段を下りて行くと、オリの一角がえぐられたように作られており、ユキヒョウを真下から観察できる様になってます。

なかなか、真下からみる機会は無いと思うので、是非見てください。
ユキヒョウのお腹は、白くて、フワフワで可愛いです。

その横からは、二階で見たヒョウ達の放飼場です。

3か所の違ったオリがあり、面白いです。
草木があり、森に似せたオリ。

太い木が中央に一本有り、緑が無いオリ。

岩場に囲まれ、地面がジャリで木を横に倒して橋のようにしてあるオリ。

飼育員さん達によって、良く考えて作られたオリだと思います。
このオリの中をヒョウ達が、上へ下へと大暴れです。
身軽さと素早さを見て楽しんでください。



旭山動物園
〒078-8205北海道旭川市東旭川町倉沼
                     TEL(0166)36-1104

2021年度

2021年度開園期間
区分期間時間帯
夏期開園2021年4月29日(木曜日・祝日)~2021年10月15日(金曜日)午前9時30分~午後5時15分(最終入園/午後4時00分)
2021年10月16日(土曜日)~2021年11月3日(水曜日・祝日)午前9時30分~午後4時30分(最終入園/午後4時00分)
夜の動物園2021年8月10日(火曜日)~2021年8月16日(月曜日)午前9時30分~午後9時00分(最終入園/午後8時00分)
冬期開園2021年11月11日(木曜日)~2022年4月7日(木曜日)午前10時30分~午後3時30分(最終入園/午後3時00分)

 

  • (補足)休園日:2021年4月8日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2022年1月1日
  • (補足)感染症の流行等によって開園期間が変更する場合があります。
  • (補足)開園期間中でも園内の安全かつ円滑な運営が不可能、又は不可能となる恐れがあるときは、予告無しに閉園させていただく場合があります。

 

2022年度

2022年度開園期間
区分期間時間帯
夏期開園2022年4月29日(金曜日・祝日)~2022年10月15日(土曜日)午前9時30分~午後5時15分(最終入園/午後4時00分)
2022年10月16日(日曜日)~2022年11月3日(木曜日・祝日)午前9時30分~午後4時30分(最終入園/午後4時00分)
夜の動物園2022年8月10日(水曜日)~2022年8月16日(火曜日)午前9時30分~午後9時00分(最終入園/午後8時00分)
冬期開園2022年11月11日(金曜日)~2023年4月9日(日曜日)午前10時30分~午後3時30分(最終入園/午後3時00分)
  • (補足)休園日:2022年4月8日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2023年1月1日
  • (補足)感染症の流行等によって開園期間が変更する場合があります。
  • (補足)開園期間中でも園内の安全かつ円滑な運営が不可能、又は不可能となる恐れがあるときは、予告無しに閉園させていただく場合があります。

入園料について

入園料
区分通常料金市民特別料金
大人(高校生以上)1,000円700円
団体900円600円
小人(中学生以下)無料
おもてなし券 

(1泊2日券)

1,000円
動物園パスポート1,400円
科学館共通パスポート2,230円

(注意事項)

 

  • 団体料金は、有料入園者(パスポート利用者含む)が25名以上の場合に適用します。
  • おもてなし券(1泊2日券)の使用は、旭川市内の宿泊施設の宿泊利用者に限ります。入園初日の正午以降の入園、及び翌日の正午までの入園が可能です。
  • 団体料金及び旭川市民特別料金の適用は、動物園券売所窓口で入園券を購入する場合に限ります。
  • 旭川市民特別料金の適用を希望する場合は、入園券購入の際に運転免許証や健康保険証、公的機関が発行した身分証明書など、旭川市在住者であることがわかる証書等の提示が必要です。
  • 旭川市内の高等学校及び高等専門学校(3年生までの者に限る)に在学している生徒は、学生証を提示することで旭川市民特別料金が適用されます。
  • 動物園パスポートの有効期間は、最初に利用した日から1年間です。
  • 科学館共通パスポートの有効期間は、動物園または科学館を最初に利用した日から1年間です。

 

公共交通機関でご来園の場合

旭川市内から

旭川駅から旭山動物園まで

路線バス

旭川駅前バスタッチの6番のりばから、旭川電気軌道のバス(旭山動物園線41・47番線)が約30分間隔で運行されています。
所要時間:約40分 料金:大人450円

旭川空港から旭山動物園まで

路線バス

旭川空港から旭川電気軌道のバス(旭川空港旭山動物園線78番線)が1日2便運行されています。
所要時間:約35分 料金:大人560円

(動物園駐車場)

(旭山動物園HP・パンフレットより)

コメント

タイトルとURLをコピーしました